夏の冷えに注意!妊娠中の外出時の注意点

夏の冷えに注意!妊娠中の外出時の注意点

夏は気温が上がるので、冷えとは無縁のように思えますが、実は違います。
特に冷房が効いた室内では、母体に悪影響を及ぼすような、急激に体温低下という危険性があるため、注意が必要です。
そこで今回は、妊娠中における外出時の注意点についてご紹介いたします。

妊活中から注意しておきたいのが、子宮が冷える事です。
冷たい物ばかりを口にしていると、体の中(子宮や腸)が冷えますから、これも妊活の妨げとなってしまいます。
そのため、そうめんやうどんといった冷えた食べ物だけではなく、なるべく体内温度を下げないような温かいものを積極的に食べましょう。
特にアイスクリームの食べ過ぎは、体を冷やすだけではなく、砂糖の摂り過ぎにも注意が必要となります。

また、冷え性の人は妊娠してからも様々な影響が出ます。
自分が冷え性だと自覚がない人は、あらかじめ冷え性かどうかチェックしておきましょう。

例えば、冷え性で生理痛が重い人は、子宮が冷えやすい傾向があります。
生理痛がひどい時にお風呂に入ると、辛い痛みが和らぐ、そんなことはありませんか。
これは普段の生活から、子宮が冷えている可能性がある、と考えられます。
生理痛における痛みの元は、冷えていると代謝が悪くなり、排出できずに体内に留まってしまいます。
そのため、体温を上げると代謝が上がり、痛みの原因物質が排出されやすくなるため、痛みが和らぐのです。

また、クーラーの効いた建物やビルに入ると、夏の暑さからは逃げられますが、汗の温度が下がり体も冷え、子宮を冷やしてしまいがちです。
外にいる時は暑いので薄着でも大丈夫ですが、クーラーの効いた場所に入る時は、首にスカーフやストールを巻くなどして体が冷えないように工夫してください。
手首、首、足首という3箇所は特に冷えやすいので、常日頃から注意しましょう。

外出先では難しいかもしれませんが、クーラーの設定温度は28度が基本です。
温度が低すぎると体を冷やすので、温度管理にも注意してください。


ページのトップへ戻る