危険も多い妊娠中毒の怖さ

危険も多い妊娠中毒の怖さ

妊活をする前に、妊娠したら起こりうるリスクについても知っておくようにしましょう。
そうなる可能性があるならリスク回避ができますし、なった時にも対処法をしっておけば慌てずに済みます。

妊活中に知っておきたい事の一つに、妊娠中毒症があります。
別名を妊娠高血圧症候群とも言います。
高潔合う、尿蛋白、浮腫のうちどれか一つもしくは、一つ以上当てはまる症状があると妊娠中毒症の可能性が高くなります。
2005年までは妊娠中毒症と呼ぶのが一般的でしたが、現在は妊娠高血圧症候群と呼ぶようになっています。

妊娠するとどうしても血圧が高くなります。
これは誰もがなる事ですからある部分までは仕方ないのですが、妊娠中毒症になると母体だけでなく胎児まで危険な状態となります。
原因が高血圧という事から、わかりやすくするために名称が変わったのです。
ここでは妊娠中毒症として説明します。

妊娠前から血圧が高めの人は特に注意が必要ですが、高血圧は自覚症状がないため気づきにくい傾向があります。
妊娠中毒症は合併症が起こるので、常位胎盤早期剥離や脳出血のリスクが高まります。
症状が出た時にはかなり危険な状態となるため、そうなる前にきちんと対処しておく事が重要なのです。

妊娠中毒症にはいくつかの症状があるので、該当する場合は早めに病院を受診してください。
妊娠中はむくみやすくなりますが、むくみがひどい場合は妊娠中毒症の症状である可能性が高くなります。
つわりは通常妊娠初期だけですが、妊娠20週を過ぎても吐き気が収まらない場合は、妊娠中毒症の合併症で起こるHELLP症候群の症状である可能性があります。
みぞおち周辺の痛み、動悸という症状もありますので、尿蛋白がある場合は要注意です。

妊娠20週目以降に妊娠中毒症の診断を行うので、大抵はこの時にわかりますが、希に妊娠初期から妊娠中毒症にかかっている事があります。
元々血圧が高めで、尿タンパクがある場合は妊娠中毒症になるリスクが高いので、妊娠初期から検査を受けておくようにします。
妊娠中毒症になると、母体だけではなく赤ちゃんの死亡リスクが高まります。
高血圧にならない事が予防につながりますので、妊活中から食事や生活習慣を見直す事が大切です。


ページのトップへ戻る