スムーズで安心な妊活のために!女性特有病気の検査

スムーズで安心な妊活のために!女性特有病気の検査

妊活は心身ともに健康な状態を作っておく事が大切です。
どのタイミングで妊娠するかはわかりませんが、女性特有の病気が妊娠の妨げになる事があります。

女性特有の病気にもいくつかありますが、妊娠してからでは治療ができない病気もありますし、妊活前に済ませておきたい予防接種などもあります。
全ては妊活をスムーズに進めるために欠かせない事ですから、妊活に集中するためにも事前の検査や予防はきちんとしておきましょう。

女性特有の病気でやっておきたい検査は、子宮頸がん検診、おりもの検査、マンモグラフィー検診(乳がん)、内診、超音波検診です。
これ以外にも基本的な健康診断、歯科検診、血液検査や尿検査、血圧測定、心電図や胸部レントゲンなどがあります。
予防接種は、風疹、はしか、おたふく風邪、水疱瘡があります。
特に予約を取らなくても病院に行ってすぐにできる検査もありますが、中には予約が必要な検査もあります。
妊活を始める前にこれらの事は全て済ませておきましょう。

子宮頸がんは子宮の入口にできるがんで、女性特有のがんです。
発見しやすく早期発見なら治療をして完治させる事ができますが、進行すると治療が難しくなります。
内診や超音波検査では子宮や卵巣の状態が、おりもの検査では性感染症や膣炎などをチェックできます。
マンモグラフィー検査は乳房を調べ、しこりや石灰化がないかをチェックします。
マンモグラフィーはレントゲンですから、妊娠すると検査が受けられなくなります。
内科的な検診は血液検査、心電図、血圧測定、尿検査などで体の中をチェックします。

予防接種は妊娠中にかかる可能性がある病気の予防に欠かせません。
子供の頃にかかっていれば大丈夫ですが、まだの場合は妊娠中にかかると赤ちゃんへの影響が心配です。
予防接種をしてすぐに妊活開始OKはいかない種類もありますから、ある程度の余裕を持って受けておく事も大切です。
安全のためにも予防接種を受けてから2ヶ月は避妊が必要です。

ページのトップへ戻る