妊娠したら温泉に入っても大丈夫なの?

妊娠したら温泉に入っても大丈夫なの?

妊活中は妊娠してからの事を学ぶ時間があります。
前もって知っておくと妊娠してから慌てたり焦ったりする事はありませんし、自分にも赤ちゃんにもメリットが増えます。

妊娠したら温泉に入らないほうがいい、という意見もありますが、結論から言えば妊娠中に温泉に入っても赤ちゃんに何か影響が出るという事はありません。
確かに以前は温泉にも妊婦は入浴しないようにとか、入浴には注意してくださいという注意書きをしているところもありました。
しかしこれについては2014年以降廃止されていて、現在は妊婦だという理由だけで温泉への入浴を制限する事はありません。
ではなぜ妊婦は入浴しないほうがいいと言われていたのでしょうか?

妊娠中はホルモンバランスが変わっているため、肌が敏感になります。
温泉の泉質によりお湯も異なりますが、刺激があるお湯は妊娠性蕁麻疹や、肌トラブルを起こしやすいため、入浴を制限していたのです。
温泉旅館やホテルでは、浴室や大浴場の掃除を徹底していますが、濡れているとどうしても足元が滑りやすくなります。
万一転んだ場合は母体や胎児への影響が出る事もありますから、転ぶリスクがある以上妊婦の入浴は控えたほうが安心という理由で入浴を制限したり、禁止したりしていたのです。
もちろんこれは現在でも起こる可能性はありますから、十分な注意は必要です。

現在は妊娠中でも温泉に入ってOKとなっていますし、温泉に入る事でのメリットもたくさんあります。
妊活中に妊婦に良さそうな温泉を探しておくのもいいかもしれません。
妊婦が温泉に入るメリットを紹介します。

妊娠中はホルモンバランスが変わるので、気持ちが不安定になりがちです。
多くの人がマタニティブルーを経験しますが、温泉のリラックス効果はマタニティブルーの不安を軽減させる効果が期待できます。
妊娠中や冷え性や便秘になりやすい傾向があります。
温泉で体の芯まで温める事で冷えを解消したり、腸が温まる事で腸のぜんどう運動を活性化させ便秘を解消する効果も期待できます。
これは妊活にも良い効果をもたらしてくれます。

ただし妊娠初期の安定期に入る前と臨月は、温泉は控えたほうがいいでしょう。

ページのトップへ戻る